読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

凡人、南アフリカへゆく!

新婚早々旦那、南アフリカへ転勤!長男生まれてハチャメチャ度アップの南ア生活・ライフハックブログ。

なんでも揃う!南アの赤ちゃんグッズ事情。

★スポンサーリンク


初めての子育てなので、南アに戻ってくるまで何を日本から持ってくるべきなのか良くわからなかったのですが、結果的に、ほとんどこちらで揃うじゃん!という実感を最近持ち始めています。

赤ちゃん用品専門店やおもちゃ屋さんの一角、大型スーパーなど、赤ちゃん用品を扱うお店は非常に多く、都市部に住んでいる限り困ることはありません。

 

f:id:gucchi0209:20170411222856j:plain


 ■ オムツ・おしりふきなどの日常消耗品

 

f:id:gucchi0209:20170411222939j:plain

普通のスーパーでもしっかり取り扱い有。種類も豊富です!


オムツは日本より値段は高い印象ですが、致し方ない。おしっこ出ましたマークが出るやつはちょっと高いのでうちは普通のパンパース使ってます。

赤ちゃん用品店には布おむつなども取り扱い有り!選択肢いろいろです。

■ ベビーカー、ベビーシート

 

f:id:gucchi0209:20170411223213j:plain

 

まずベビーカー。こちらのベビーカーの大半は、めちゃめちゃごついです。うちの小さい車には乗らないという衝撃。

 

赴任当初、予算もなくて小さい車しか買えなかったので仕方がないのですが、子連れはある程度荷物の乗る車じゃないとダメですね。また、日本からベビーカーは持参したという方もちらほらいます。

 

しかし、我が家はラッキーなことにこんなアイテムを発見!

 

ベビーカーとベビーシート両用型のプロダクト「Doona」ベビーカーをたたむだけでベビーシートとして車の座席にセットできるという代物。これなら極小カーの我が家でも大丈夫✨ 

 

もちろん、車のキャパが大きければ、こちらで調達しても十分OK。ベビーシートやジュニアシートも種類豊富なので問題ないと思います^^  

 

■ ミルク・哺乳瓶・離乳食・食器など 

 

これも本当に種類豊富なので心配ないです。 
うちは完母なので、念のため日本で買って余っていたキューブ型ミルクや、離乳食用のダシや数種類試してみようというものは持ってきましたが、ないならないで、全然OKそう。 

 

哺乳瓶やマグなどは日本でも見かけるドイツ製のNUKなどもあり、わりと選択肢豊富。 
離乳食は日本とは種類が違いますが、野菜や果物のペーストや赤ちゃん用ミリミールなどいろいろ。赤ちゃん用ルイボスティーなどもあり麦茶もないならないで、大丈夫そうな感じです。 

 

このあたりは、最近我が家も離乳食を始めたところなので追々詳しく書いてみようかなと思っています^^ 

 

■ おもちゃ 

 

f:id:gucchi0209:20170411231014j:plain 

 

おもちゃ屋さんもたくさんあります✨写真は日本でも人気のあるFisher Priceのおもちゃコーナー!普通に選択肢豊富です。帰国までそんなに任期も長くないのであんまり増やしたくないのが本音ですが…最近おもちゃにも関心を示すので適度に与えようと思います。笑 

 

■ ベビー服

 

f:id:gucchi0209:20170411231748j:plain

 

南アに来てから購入したベビー服。普通に可愛いものばっかりです。

南アオリジナルのお店もあれば、H&MやZARAなどのインターナショナルブランドなお店でも手に入ります。選択肢が多い!

日本みたいなツナギ的なベビー服は6か月以下の子用が多く、ちょっとだけ着せるのがめんどくさくなりつつある今日この頃ですが、そんなにたくさん買い込んでくる必要全然ないですね。

 

そんな感じで、ベビー用品が非常に充実しており、アカチャンホンポ一択状態だった実家での生活より全然快適の模様です。恐るべし、南アベビー市場・・・。

 

 

*◎*◎*◎*◎*◎*◎*◎*◎*◎*
■ ブログランキング参加中!

*◎*◎*◎*◎*◎*◎*◎*◎*◎*

今日もお読み頂きありがとうございました♪
ブログランキン参加中!ぜひポチッとお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ
にほんブログ村


アフリカ(海外生活・情報) ブログランキングへ

*◎*◎*◎*◎*◎*◎*◎*◎*◎*
■ 凡人ぐっち プロフィール

*◎*◎*◎*◎*◎*◎*◎*◎*◎*

blog.gucchi29.com