読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

凡人、南アフリカへゆく!

新婚早々旦那、南アフリカへ転勤!長男生まれてハチャメチャ度アップの南ア生活・ライフハックブログ。

私がアフリカ行きを即決できたワケ

★スポンサーリンク

今回旦那さんと一緒に南アフリカに行くことについて、

よく決心できたね!すごく悩んだんじゃない?

ぐっちが仕事辞めるなんて思わなかったよ!

・・・とかなりたくさんの方にお声を頂きました。

 

実際のところは

即決でした。

 

 

 

旦那さんの仕事の属性上、いずれ海外転勤は不可避であるということを

理解していたし、家族で一緒に色んな経験をしたいなという風に結婚前から

決めていたということももちろんですが、これだけ国境を越えて仕事を

する可能性がある現在、より多様なライフキャリアがあって然るべきだと

強く私自身が思っているからです。

 

そんなことを考えていてまさに!と思ったのが、

昨年バズっててすごーく印象に残っているちきりんさんのブログ。

 


仕事と家庭の両立なんて、目指すのやめたらどう? - Chikirinの日記


バリキャリ正社員同士で、ずっと同じ職場で働き続けて、

単身赴任や、女性が頑張りすぎて擦り切れてくだけが

選択肢ではないということを示唆してくれています。

 

どちらかに転勤があったら、一緒についていって家族の時間を大切に

しながら新しいスキルを身につけて、新しいチャンスをつかむ…

そうしたスパイラルを作ることだったできるよーってな内容がすごく

頭に残っていたのです。

 

別に前者が悪いと言っているわけではなく、私は一緒に行くことで

もっと自分たちが将来チャレンジしたいことに近づけるんじゃないかと

直感で思ったから。

自分にとっての正解を選んだだけなのです。

 

旦那さんは以前から途上国の女性支援に関心があり、

私は地方の地域活性に関心があります。

私が今回の3年間の移住の中で新しい働き方を実験したり、

色んな問題意識と繋げて行くことで自分たちの新しい糸口を

絶対見つけられると思っています。

 

 そしてもっと極端なこと言うと、

美味しいごはんを一緒に食べたい。

時間を共有して笑っていたい。

これが絶対はずせぬ家族への思いなのです。

それだけでぶっちゃけ幸せじゃね。

(そう思える環境にいることに、もちろん感謝!)

 

まずは生活に慣れるところからではありますが、

3年後新しい形で生計を立てられるようにするためのチャレンジ期間。

無駄にはできませんね。

 

よっしゃー

がんばろおおおおおお